2009年10月01日

アートな森の物語が始まります



アート・フェスティバルin仁田谷地
http://www.kadowakiart.com/nitayachi/

■2009.10.18.sun ~10.25.sun
■仁田谷地・市民の森(宮城県仙台市青葉区)

●アートな森の物語がはじまります
仙台市中心部から車で20分ほど、葛岡墓園となりに「仁田谷地の森」はあります。この森はわれわれ「せんだい・市民の森を創る会」が、「人と自然が共生する里山づくり」を目指し、手入れを行ってきた仙台市所有の保存緑地です。
森の手入れも一段落し、これからいろいろな人にこの森を体験してもらおうと、このたび第一回目の「アート・フェスティバルin仁田谷地」を開催するはこびとなりました。宮城在住の3人のアーティストに森でアート制作を行ってもらうとともに、森の材料を使ったワークショップや、コンサート、茶会、芋煮会、下草刈り体験などもあわせて実施します。
森にはシンボルツリーとなっているエゴノキのほか、コナラ、コブシなどの雑木があり、手入れするにしたがい、さまざまな花も咲き始めています。仙台市中心部からこれほど近いところにありながらも自然林が残る貴重な森であり、ぜひこの機会に自然にふれる大切さを、楽しみながら体験ください。

▼10/18(日)10:00~15:00頃、雨天決行
 ・森にある材料を使ったアートづくりワークショップ
 ・馬頭琴コンサート ・芋煮会 ・下草刈り体験
 ・アート茶室作りワークショップとアート野点
   ※茶室の主人を募集中(老若男女問わず)
▼10/18~25 アート作品展示〔大場順一、高橋健太郎、門脇篤ほか〕
   ※制作:高橋(9月下旬)、門脇(10月15日~)、大場(未定)

■入 場:無 料(芋煮は数に限りがあります)

■主催・問合せ:せんだい・市民の森を創る会(担当:上原啓五) 
  Tel022-222-0250 fax022-222-0243 sakuteisha@h7.dion.ne.jp



同じカテゴリー(アートフェスティバルin仁田谷地)の記事画像
ニタヤツノさん「似たやつの森in花野」
角田さん「板木」
長谷川さん「森の警備員」
黒田清志さん「くも」
千田さん・大塚さん「見える隠れ家」
アートフェスティバルin仁田谷地、終了しました。
同じカテゴリー(アートフェスティバルin仁田谷地)の記事
 ニタヤツノさん「似たやつの森in花野」 (2009-10-30 01:01)
 角田さん「板木」 (2009-10-29 00:59)
 長谷川さん「森の警備員」 (2009-10-28 00:56)
 黒田清志さん「くも」 (2009-10-27 23:44)
 千田さん・大塚さん「見える隠れ家」 (2009-10-26 23:42)
 アートフェスティバルin仁田谷地、終了しました。 (2009-10-25 17:38)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アートな森の物語が始まります
    コメント(0)